最新情報

TOP > 最新情報 > パーマの前処理剤
2010/05/24
パーマの前処理剤

Hair Make Gluck 南森町「前処理」

 

ムコタ(ラクトンチオール) 前処理剤http://www.mucota.co.jp/

ムコタ.jpgスピエラ(チオール系化合物 名称:ブチロラクトンチオール 2-メルカプト-4-ブタノリド)は、疎水性(水に溶解しにくい、あるいは水と混ざりにくい物質)と親水性(水に溶けやすい)部位を併せ持つ分子構造で、疎水性キューティクル層に対してなじみが良く、また両親媒性で有ることから、疎水性部分・親水性部分ともに浸透がよく、毛髪内部の親水性部分にはスピエラ親水性部分が働き、拡散しながら-SS-結合を切断すると考えられ、その特徴は低ペーパー(Ph5.5)でその還元力を発揮し、カールの形成が可能になります。

 

ダメージ毛にも、しっかりとした弾力のあるリッジが特長。今迄のカーリング剤にないなめらかな感触の仕上がり感がデザインの完成度を高めます。
 

アルカリ成分を含まない酸性タイプで、お客様のお髪は勿論、頭皮、スタイリストの手にもやさしい新しい前処理剤です。


健康的な美しいツヤ感を表現します。

 

髪にダメージを与えない、 ノンアルカリ プレ還元
 

 

浸透機構の比較

 


平面状だから髪の毛のキューティクルの隙間に入りやすくなっています。

 

そのため今まで強い薬でしかパーマがかからなかった方も(かかりずらい)

弱い薬でかかるようになっています。

 

 


南森町 美容室 Hair Make Gluck 

 


UP
Copyright (C) 2010 GIuk All Rights Reserved.